事業目的・事業概略図

大学病院連携型高度医療人養成推進事業

「大学病院連携型高度医療人養成推進事業」とは、大学病院及び地域医療の活性化を促進し、将来の医療を担う医師養成の推進を図ることを目的に文部科学省が平成20年度から実施する事業です。
各大学病院および関連医療施設が得意分野による相互補完を図りつつ、緊密に連携、協力し、より高度な専門医、臨床研究者の養成を推進します。

 国公私立大学病院から申請された28件のプログラムより、審査の結果、19件が選定され、秋田大学の関係は、下記2件が選ばれました。

■都会と地方の協調連携による高度医療人養成プログラム(3大学)
~付加価値を身につけるテーラーメイド研修~
参加大学:秋田大学、東京医科歯科大学(申請担当大学)、島根大学

■NAR大学・地域連携「+α専門医」の養成
参加大学:秋田大学、新潟大学(申請担当大学)、琉球大学

全人的医療を行うことのできる、専門医、医学博士、家庭医の養成を目指すプログラム

 これからの時代を担う医師は、臨床能力を高めると同時に、視野と経験を広げることにより問題解決能力を取得するために、積極的な取り組みが必要です。
 本プログラムは、他大学との交流により、単一大学病院の研修では得られない、異なった最新の医療技術や情報を学ぶことのみでなく、地方と都会、文化圏の違う地方同士との交流をとおして、地域特有の疾患や医療システムの違い、地域による患者生活環境の差などを、他大学の医師、コメディカル、教員との交流を通して経験し、情報交換しながら、より広い視野を持った、全人的医療を行うことのできる、専門医、医学博士、家庭医の養成を目指す、プログラムです。

 対象は、初期研修修了後の専門医研修医(後期研修医)で、専門医、博士号の取得を目指す医師です。TAS(東京医科歯科、秋田、島根)大学プログラム、 NAR(新潟、秋田、琉球)大学プログラムの双方において、大学病院のみならず各大学の関連医療施設が含まれている各コースを、用意しています。

大学病院連携型高度医療人養成推進事業概略図