腫瘍内科

一般目標

増加の一途をたどる進行がん患者に対する診療方法を様々なケースで体験し、これらの疾患を取り扱う際に知らねばならない必要最小限の知識とスキルを身につける。

行動目標

  1. 進行がん患者に対する医療面接の方法について習熟する(告知、インフォームドコンセントなど)
  2. 進行がん患者の病状把握のために必要な問診、診察、検査について理解し、それらを実践できる
  3. 進行がん患者の治療法選択のために必要な問診、診察、検査について理解し、それらを実践できる
  4. がん薬物療法を実施可能な患者を的確に診断でき、適切な治療計画を立てることができる
  5. 治療に伴う有害事象について理解し、治療目的・治療計画とともに患者に説明し、患者からインフォームドコンセントを得ることができる
  6. 進行がん患者に生じる様々な苦痛に対し、それらを緩和させる方法について知り、実践する
  7. 進行がん患者、およびその家族に対する全人的な接遇方法について学び、実践する

チェックリスト:知識

  1. 抗がん剤の作用メカニズム、副作用のプロフィールについて理解する
  2. 分子標的薬の作用メカニズム、副作用のプロフィールについて理解する
  3. 標準的な抗がん剤のプロトコールについて理解し、併用薬剤の種類、投与量の算出方法、投与間隔、投与禁忌、投与可能条件、減量方法、補助薬の種類と使用方法などについて理解する
  4. 抗がん剤の効果判定の方法について理解する
  5. 抗がん剤の有害事象の判定方法と対応法について理解する
  6. 臨床試験と一般診療の違いを知り、実践する

チェックリスト:技能

  1. 抗がん剤投与のためのルート確保(末梢血管、中心静脈カテーテル挿入、ポート増設など)ができる
  2. 上記ルートから抗がん剤の投与を行う
  3. 超音波診断装置を用いたがん性体腔液貯留の診断と穿刺、廃液が実施できる
  4. 胃管やイレウス管を用いた消化管の減圧、廃液が実施できる
  5. 緊急時に必要に応じて気管内挿管ができる

詳しい検査をする能力

  1. CT、MRI、PET-CTなどの各種核医学検査
  2. 腫瘍マーカー
  3. 免疫組織化学検査
  4. 遺伝子検査

研修方法

  1. 指導医とともに入院患者の診療を行う
  2. 指導医とともに外来患者の診療を行う
  3. 外来化学療法室でのチーム医療に参画する
  4. 新患の予診を取り、問題点を整理する
  5. キャンサーボードや症例カンファランスで症例提示を行う
  6. 研修期間中の症例に関して日本内科学会の症例報告に準じたレポートを作成し、スタッフの評価を受ける。また、興味深い症例に関しては学会誌などに症例報告を行う

腫瘍内科ホームページ

http://www.med.akita-u.ac.jp/~medonco/

週間スケジュール

08:30 病棟 病棟 病棟 病棟 病棟
09:30 外来および化学療法室 外来および化学療法室 外来および化学療法室 外来および化学療法室 外来および化学療法室
12:00 昼休み 昼休み 昼休み 昼休み 昼休み
13:00 病棟および化学療法室 病棟および化学療法室 病棟および化学療法室 病棟および化学療法室 病棟および化学療法室
17:00 夕回診 夕回診 夕回診 夕回診 夕回診
18:00 食道がんCB 症例検討会
19:00 消化器がんCB

秋田大学医学部附属病院 総合臨床教育研修センター

〒010-8543 秋田市広面字蓮沼44番2
TEL:018-884-6233 FAX:018-884-6457
E-mail:kenshuu@hos.akita-u.ac.jp

QRコード
© 2018 Akita University Hospital All Rights Reserved