研修報告⑪ >>> 琉球大学へ行ってきました~消化器外科~

[研修先医療機関名]琉球大学医学部附属病院 第一外科
[研修期間]平成22年08月30日~平成22年09月4日
[研修項目および概要]手術の見学
[研修内容]○下部消化管グループで研修を行った。
[研修内容]○グループの一人として回診を行い、
[研修内容]○また様々な検査などを見学させてもらった。
[研修内容]○手術に参加し、見学させてもらった。
[研修内容]○小腸穿孔の手術の助手をさせてもらった。
[研修内容]○S状結腸切除、人工肛門造設の手術に参加した。
[研修内容]○腹腔鏡下結腸右半切除の手術に参加させてもらった。
[研修内容]○九州内視鏡外科研究会に参加させてもらった。


≪診療内容・体制≫ ~秋田大学と比べて刺激を受けたり、ユニークと感じた点~

秋田大学では大腸癌の症例が少ないが、琉球大学では症例が多く刺激を受けた。
また大腸の手術を腹腔鏡で行うことが多いことが刺激を受けた。

≪文化・風土≫ ~医療、生活等について、地域的な違いを実感した点~

研修中に台風が二度あり、台風により停電のおそれがあり、手術が中止となったこと。
大腸癌の化学療法を行うため、離島により入院し化学療法を行っている方が多かったこと。

≪教育・研究≫ ~学生、研修医の指導体制や研究について気付いた点~

卒後10年未満の医者が多く、お互いに検査などを協力して行っており、若手の教育がとてもよく感じられた。

≪その他≫

他大学で研修ができ、秋田以外での医療の現場を肌で感じることができてとてもよかった。