研修報告⑧ >>> 琉球大学へ行ってきました~消化器外科~

[研修先医療機関名]琉球大学医学部附属病院 第一外科
[研修期間]平成22年07月26日~平成22年07月30日
[研修項目および概要]外科研修
[研修内容]○病棟回診
[研修内容]○教授回診
[研修内容]○手術見学
[研修内容]○腹腔鏡下S状結腸切除術
[研修内容]○人工肛門閉鎖術
[研修内容]○上下部内視鏡検査見学
[研修内容]○術前、術後カンファレンス


≪診療内容・体制≫ ~秋田大学と比べて刺激を受けたり、ユニークと感じた点~

電子カルテが導入されており、患者さんの今までの治療経過などが把握しやすく、またカンファランスのプレゼン等もスムーズであった。

今回は症例がなく手術見学できなかったが、腹腔鏡下ISRなどの症例を多く経験されており機会があれば手術見学に伺いたいと感じた。

教授自ら、執刀した手術の手術所見を書かれていたのは驚きでした。


≪文化・風土≫ ~医療、生活等について、地域的な違いを実感した点~

離島など医療施設が十分でない地域が多いためか癌検診の受診率が一向に上がらないということ。


≪教育・研究≫ ~学生、研修医の指導体制や研究について気付いた点~

研修医同志で相談しながら診療にあたり必要に応じて上級医の判断を仰いでいた。

≪生活≫ ~日常生活で楽しかった思い出~

長濱先生はじめ、第一外科の先生がたから琉球料理、泡盛などを御馳走していただきました。


≪その他≫

1週間という短い期間でありあっという間に研修が終了した。もう少し長い期間の研修を希望したい。