7/12 超音波ガイド下中心静脈カテーテル留置講習会を開催しました。

平成24年7月12日(木)午後5時30分より午後7時30分まで、秋田大学医学部附属病院シミュレーション教育センター(TVセミナー室)にて超音波ガイド下中心静脈カテーテル留置講習会を開催いたしました。

講師には市立秋田総合病院(外科) 柴田 裕先生、中通総合病院(外科)齋藤由理先生、学内から第2内科の石田 大先生、寺田 豊先生、第2外科の川原田 康先生、栗林邦明先生、麻酔科の合谷木 徹先生、消化器外科の安藤秀明先生のご協力を賜り、
最初に安藤先生から"中心静脈カテーテル留置セミナー 超音波ガイド下穿刺"の基本について講義をいただきました。

20120712_01.jpg

直後、講師一人(シミュレーター1台×超音波1台)に対し2名程の少人数体制で実技のポイントをわかりやすく丁寧にご指導いただきました。
20120712_02.jpg


また、ご参加の皆さまにはアンケート調査にご協力をいただきありがとうございました。
<回答者数:17名 / 参加者数:18名>

アンケート調査から、

・満足、ほぼ満足.....94%
・次回も参加したい、どちらかと言えば参加したい.....100%

と、今回も高い満足度をいただきました。
ご指導いただきました講師の先生方にこころより感謝申し上げます。

また、
会終了後の参加者のご意見・ご感想として、

・柴田先生の指導が大変勉強になりました。
・指導医が親切に教えてくれて良かった。
・丁寧に教えていただき、大変勉強になりました。
・非常に良かったと思います。
・時期的にも基本を学んだ後のこの時期が望ましいかと思います。
・楽しかったです。
・すごく参考になった。良い機会だと思います。
・手技覚えられたので、実践したいと思う。
・実際の現場で行っている先生が講師だったので大変わかりやすかったです。
・インストラクターの先生が2人に1人ついて頂いたので質問しやすくて良かったです。
・時間設定もちょうど良かったです。

との評価をいただくとともに、

・CVのキットは色々あると思うので様々なタイプのものも紹介or使わせてもらいたかったです。
・良かったです。ごはん出たらもっと良い。
・大腿・前腕のCVを研修医がやらせてもらえることが多いので、そちらの講習もあればよいと思いました。

などの率直な意見もいただきました。
貴重なご意見、ありがとうございました。


今後も皆さまからいただいた声を参考に、
問題点の改善に努め更にご満足いただける研修会を企画していきます。

お忙しいなか多数の皆さまのご協力とご参加を賜り、ありがとうございました。