がん薬物療法専門医コース

マーク:NARプログラム

MD-PhDコースは初期研修終了後から入学が可能です。4年間の修業の後、学位取得を目標とします。我が国で、"がん薬物療法の専門医"を唯一認定する日本臨床腫瘍学会(JSMO)では5年間の研修期間を義務づけています。腫瘍内科では大学院の4年間も、その期間に充当し、この間も臨床参加出来るようにします。大学院修了後、1年後に専門医の受験資格が得られます。また、研究や実験を通してPhDとしての十分な基礎を築きます。新規抗腫瘍性化合物の分子メカニズム等の興味深いテーマを準備しています。
インテンシブコースも初期研修終了後から入学が可能です。基本は大学院コースと同じですが、学位取得を目指さず臨床に専念できます。しかし、JSMOでは5年間の研修期間を要するとしているので、最短でも5年間を要します。
両コースとも、最大1年間を目処に琉球大学がんセンターにおいて研修を行います。

がん薬物療法専門医コース

コースの概要

MD-PhDコース

大学病院・医療機関名 診療科 専門分野 指導者数 目的 養成人数 期間
秋田大学医学部附属病院 腫瘍内科 腫瘍内科 2 認定内科医・
がん薬物療法専門医・
総合内科専門医・
がん治療認定医の研修
2 5年
岩手県立中央病院 化学療法科 腫瘍内科 1 がん薬物療法専門医・
がん治療認定医の研修
1 1年
秋田赤十字病院 腫瘍内科 腫瘍内科 1 がん薬物療法専門医・
がん治療認定医の研修
1 1年
新潟大学医歯学総合病院 消化器内科、
肝臓内科、
胆道膵臓内科
消化器内科、
肝臓内科、
胆道膵臓内科
5 がん治療認定医の研修 1 1年
琉球大学医学部附属病院 がんセンター 腫瘍内科、
血液内科
1 がん薬物療法専門医・
がん治療認定医の研修
1 1年
受入人数 2

インテンシブコース

大学病院・医療機関名 診療科 専門分野 指導者数 目的 養成人数 期間
秋田大学医学部附属病院 腫瘍内科 腫瘍内科 2 認定内科医・
がん薬物療法専門医・
総合内科専門医・
がん治療認定医の研修
2 5年
岩手県立中央病院 化学療法科 腫瘍内科 1 がん薬物療法専門医・
がん治療認定医の研修
1 1年
秋田赤十字病院 腫瘍内科 腫瘍内科 1 がん薬物療法専門医・
がん治療認定医の研修
1 1年
新潟大学医歯学総合病院 消化器内科、
肝臓内科、
胆道膵臓内科
消化器内科、
肝臓内科、
胆道膵臓内科
5 がん治療認定医の研修 1 1年
琉球大学医学部附属病院 がんセンター 腫瘍内科、
血液内科
1 がん薬物療法専門医・
がん治療認定医の研修
1 1年
受入人数 2

コースの実績

2人のがん薬物療法専門医(うち指導医1名)の指導体制を擁する。文科省のがんプロフェッショナル養成プランのがん薬物療法専門医養成の中心的役割を担うべく2009年に新設された。臨床試験により新しいがん薬物療法 のエビデンスを創出する他、独自の抗腫瘍性化合物の開発などの基礎研究やトランスレーショナル研究にも取り組んでいる。また、秋田県がん連携協議会のメンバーとして地域医療に貢献している。

コースの指導状況

秋田大学附属病院腫瘍内科には県下では唯一の日本臨床腫瘍学会指導医が存在する。また、県内のがん薬物療法専門医は大学附属病院と秋田赤十字病院だけに存在し、がん薬物療法専門医を取得するための教育体制としては最も 優れていると思われる。その他、岩手県立中央病院、新潟大学、琉球大学もがん薬物療法専門医やがん治療認定医が指導する。幅広い固形腫瘍の薬物療法に携わり、多臓器のがん薬物療法を行うことの出来るがん薬物療法専門医を 養成する。

専門医の取得等

学会等名 日本内科学会
資格名 (1)内科認定医
(2)総合内科専門医
資格要件
  • (1)臨床研修2年+本会が認定した教育病院(内科臨床大学院含む)または教育関連病院での内科研修1年以上=計3年以上
    (2)認定内科医資格取得後,教育病院(内科系大学院含)での内科研修1年以上+教育 関連病院での内科研修2年以上=計3年以上
    注:計3年以上のうち,教育病院での研修が1年以上は必要である
  • 資格認定試験合格
本コース中に内科認定医の取得を目指す。
本資格は日本臨床腫瘍学会の専門医取得に必須の要件となる。
日本内科学会認定教育施設
日本内科学会認定内科指導医2名、
日本内科学会総合 内科専門医1名
学会等名 日本臨床腫瘍学会
資格名 がん薬物療法専門医
資格要件
  • 申請時点で2年以上継続して日本臨床腫瘍学会会員である。
  • 申請時において5年以上がん治療に関する研究活動を行っていること、および癌治療に関する十分な業績がある。
  • 研修認定施設において所定の研修カリキュラムに従い、2年以上臨床研究を行いこれを終了した者。
  • 各科の基本となる学会の認定あるいは専門医の資格を有している。
  • 資格認定試験合格。
"北東北における総合的がん専門医療人の養成"コースにおける研修が可能である。
日本臨床腫瘍学会研修施設
日本臨床腫瘍学会指導医1名、専門医2名
学会等名 がん治療認定医機構
資格名 がん治療認定医
資格要件
  • 基本領域の学会の認定医又は専門医の資格を有する。
  • 認定研修施設において、癌治療研修を終了し、指導責任者による証明がなされている。
  • 最近5年間に業績基準に挙げる学会において発表された、がん診療についての業績2件、業績基準に挙げる学術雑誌または学術図書に掲載されたがん診療についての業績1件を有する。
  • がん治療認定機構が開催する教育セミナーに参加し、受講後に行われる認定試験に合格している。
  • 最近5年間に所定の学術単位を合計で20単位以上取得している。
"北東北における総合的がん専門医療人の養成"コースにおける研修が可能である。

コースの流れ