小児外科専門医養成コース

マーク:NARプログラム

小児外科専門医の取得には外科専門医の資格を有することが前提で、さらに小児外科認定施設で3年以上研修をすることが必要です。本コースは外科専門医に必要な外科研修をほぼ終了した卒後4~6年目頃の医師を対象に小児外 科専門医を養育する3年間のコースを基本としています。しかし、小児外科研修の時期は要望に応じて調整は可能で、卒後臨床研修終了後にすぐに小児外科研修を選択することも可能です。 小児外科研修カリキュラムは日本小児外科学会認定施設における専門医教育カリキュラ基準に則って1~5まで研修内容を設定しており、小児外科専従3年間で専門医に必要な研修内容が受けられます。また、他の認定施設で小児外科 研修を受けている方は自分に必要な研修内容、研修期間を選択して研修することも可能です。(例えば、既に2年間の小児外科研修が終了していればカリキュラム5A,Bの1年間の小児外科研修を選択することができます。)

コースの概要

小児外科専門医養成コース

大学病院・医療機関名 診療科 専門分野 指導者数 目的 養成人数 期間
秋田大学医学部付属病院 小児外科 小児外科 4 小児外科専門医取得のための小児外科研修 2 3年
新潟大学医歯学総合病院 小児外科 小児外科 1 小児外科専門医取得のための小児外科研修 2 3年
受入人数 2

小児外科専門医研修カリキュラム

基本的には小児外科研修1年目は1A,B~2A,B、2年目は3A,B,~4A,B、3年目は5A,Bのカリキュラムに沿って研修をおこないます。 (認定施設は小児外科学会に毎年、年次報告書として、手術台帳、研修医の研修内容、研修期間などを提出しています。学会は研修医の研修内容をチェックするとともに、専門医取得に必要な研修指数を施設毎に算定しています。)

1-A行動目標

  • 小児の外科的疾患の診断に必要な問診および診察を行うことができる。
  • 小児の外科的疾患の診断に必要な臨床検査法の選択と結果の解釈ができる。
  • 日常必要な処置や検査を自ら行うことができる。(B-1)
  • 基本的手術手技を修得する。(B-2)
  • 学術論文作成の基礎を修得する。(B-3, B-4)

1-B研修方略

  • 日常必要な処置や検査(A-3)とは新生児、乳幼児の採血、抹消血管確保、胃管挿入、膀胱留置カテーテル挿入、気道確保、吸引処置などの処置や血液ガス分析、抹消血液検査、一般尿検査、血液型判定、交差試験などの 検査をいう
  • 基本的手術(A-4)とは次の手術およびこれに準ずるものをいう。 外来小手術、良性腫瘍摘出、外ソケイヘルニア根治術、精巣固定術、臍ヘルニア、根治術、幽門筋切開術、など
  • 小児外科に関する症例報告論文を誌上発表する。(A-5)
  • 地方の学術集会において小児外科に関する論文を口述発表する。(A-5)

2-A行動目標

  • 小児外科疾患の診断に必要な一般検査項目の選択、実施ならびに結果の解釈ができる。
  • 小児外科疾患の診断に必要な特殊検査の選択し、検査に必要な鎮静や麻酔管理が実施でき、検査結果の解釈ができる。
  • 小児外科疾患における基本的治療法を適切に選択し、実施することができる。
  • 基本的手術手技を修得する。(B-2)
  • 学術論文を作成する。(B-3, B-4)

2-B研修方略

  • 十分な小児外科症例を担当医として経験する。
  • 一般検査(A-1)とは次の検査およびこれらに準ずるものをいう。
    1. X線検査:単純撮影、消化管造影、尿路造影
    2. 上部、下部消化管内圧検査、食道内pHモニタリング、上部下部内視鏡検査
    3. 穿刺検査:腹腔、胸腔、脊髄腔
    4. 生検:リンパ節、体表組織、直腸、等
  • 特殊検査(A-2)とは次の検査およびこれらに準ずるものをいう。
    超音波検査、シンチグラフィー、CT検査、気管支造影、血管造影、内視鏡検査、手術標本組織検査、骨髄検査、等
  • 基本的治療法(A-3)とは次の治療法およびこれらに準ずるものをいう。
    1. 通常の患児の術前、術後管理:水分電解質管理、呼吸循環管理、体温管理、酸塩基平衡管理、感染防御、栄養管理、等
    2. 手術:腸回転異常手術、低位鎖肛根治術、腸重積観血的整復術、胃ろう造設術、人工肛門造設術、等
    3. その他の治療処置:蘇生その他の救急処置、外傷、熱傷の初期治療、動、静脈カテーテル挿入、年長児の中心静脈カテーテル挿入、肛門拡張術、外ソケイヘルニアかんとん用手整復術、腸重積非観血的 整復術、胸腔ドレーン挿入、腹腔ドレナージ、腹膜透析カテーテル挿入、等
  • 小児外科に関する症例報告論文を誌上発表する。(A-4)
  • 地方および中央の学術集会において小児外科に関する論文を口述発表する。(A-4)
  • 症例検討会において検討者となる。

3-A行動目標

  • 諸検査の情報を統合して小児外科疾患の診断を適切に行うことができる。
  • 小児外科における基本的治療法を適切に選択し、確実に実施することができる。
  • 小児外科疾患に対する手術的療法を適切に選択し、その結果を評価することができる。(B-3)
  • 学術論文を作成する。(B-4, B-5)

3-B研修方略

  • 十分な小児外科症例を担当医として経験する。
  • 基本的治療法(A-2)とは次の治療法およびこれに準ずるものまでをいう。
    1. 比較的重篤な患児の術前、術後管理:水分電解質管理、呼吸循環管理、体温管理、酸塩基平衡管理、感染防御、栄養管理、等
    2. 手術:頸部腫瘤(甲状舌管嚢胞、嚢胞性リンパ管腫、等)摘除術、先天性横隔膜ヘルニア根治術、人工肛門閉鎖術、等
    3. その他の治療処置:新生児・乳児の中心静脈カテーテル挿入、人工呼吸操作、食道拡張術、等
  • 手術的療法(A-3)とは次の手術およびこれらに準ずるものをいう。
    先天性食道閉鎖手術、腹壁異常手術、新生児消化管穿孔手術、先天性腸閉鎖手術、肺・縦隔手術、ヒルシュスプリング病根治術、高位、中間位鎖肛根治術、胆道閉鎖症、悪性腫瘍摘除術、水腎症根治術、膀胱尿管逆流根治術、漏斗 胸根治術、胃食道逆流根治術、等
  • 小児外科に関する研究論文あるいは症例報告論文を誌上発表する。(A-5)
  • 中央の学術集会において小児外科に関する論文を口述発表する。(A-5)
  • 症例検討会において検討者となる。

4-A行動目標

  • 小児外科疾患の治療法を適切に選択し、確実に実施することができる。(B-2)
  • 学術論文を作成する。(B-3,B-4)

4-B研修方略

  • 十分な小児外科症例を担当医として経験する。
  • 基本的治療法(A-2)とは次の治療法およびこれに準ずるものまでをいう。
    1. 重篤な患児の術前、術後管理
    2. 水分電解質管理、呼吸循環管理、体温管理、酸塩基平衡管理、感染防御、栄養管理、等
    3. 手術:腹膜炎(新生児を含む)手術、先天性食道閉鎖手術、腹壁異常手術、先天性腸閉鎖手術、胃食道逆流根治術、水腎症根治術、膀胱尿管逆流根治術、漏斗胸根治術、等
  • 小児外科に関する研究論文あるいは症例報告論文を誌上発表する。(A-2)
  • 中央の学術集会において小児外科に関する論文を口述発表する。(A-2)
  • 症例検討会において主たる検討者となる。

5-A行動目標

  • 小児外科疾患に対する手術的療法を適切に選択し、実施することができる。(B-1)
  • 小児外科疾患の患者とその関係者に症状と診断に関し十分な説明を行うことができる。
  • 小児外科臨床において遭遇する問題点を解決するための基本的方法を熟知している。
  • 小児外科研修中のジュニア医師を日常的に指導し、その成果を評価することができる。
  • 学術論文を作成する。(B-2,B-3)

5-B研修方略

  • ここでいう手術的療法(A-1)とは次の手術およびこれらに準ずるものをいう。
  • 肺・縦隔手術、ヒルシュスプリング病根治術、高位・中間位鎖肛根治術、胆道閉鎖症手術、悪性腫瘍摘除術、等
  • 小児外科に関する研究論文あるいは症例報告論文を誌上発表する。(A-5)
  • 中央の学術集会において小児外科に関する論文を誌上発表する。(A-5)
  • 症例検討会において主たる検討者となる。

コースの実績

本院は1985年に全国で20番目の小児外科認定施設に認定され、以来、多くの小児外科専門医を輩出しています。食道閉鎖症や先天性横隔膜ヘルニアなどの新生児外科疾患、胆道疾患、悪性固形腫瘍などの他、水腎症、膀胱尿管逆 流などに対する泌尿器外科手術、漏斗胸に対するNuss手術なども研修できます。

コースの指導状況

秋田県内唯一の小児外科認定施設で県内はもとより近県からも紹介患者が多く、年間手術数は200~250件で、2名の小児外科指導医のもと、小児外科全般にわたって充分な臨床経験が可能でとなっています。

専門医の取得等

学会等名 日本小児外科学会
資格名 小児外科専門医
資格要件 日本小児外科学会専門医の申請条件(日本小児外科学会)
  • 日本の医師免許証をもっていること
  • 本学会が行う小児外科専門医筆記試験に合格していること
  • 通算7年以上の外科医としての経験を有すること(うち5年以上は外科臨床研修とする)
  • 申請の時点で3年以上連続して本学会会員であること
  • 研修指数が400以上に達していること
  • 研修月数が36ヶ月以上に達していること
    ※認定施設に常勤して定められた研修カリキュラムに沿って小児外科診療に専従しているときに研修指数が与えられる。研修指数は施設からの報告に基づいて学会が計算し,毎年、各施設毎の研修指数が算出される。
  • 小児外科に関する研究論文が1編以上あること
  • 申請者が筆頭著者である小児外科に関する症例報告が1編以上あること
  • その他の小児外科に関する論文が3編以上あること(これらは申請者が筆頭著者である必要はない)
  • 学会,研究会で,小児外科に関する発表を演者として3回以上行っていること(学会,研究会の適否は委員会が審査する)
  • 日本外科学会認定医あるいは外科専門医であること(認定証のコピーを提出)
  • 詳細については日本小児外科学会ホームページ(http://www.jsps.gr.jp/)を参照

コースの流れ

図:小児外科専門医養成コースの流れ