アカデミック心臓血管外科専門医コース

マーク:TASプログラム

コースの基本的な流れは、初期臨床研修で循環器疾患の基礎的理解と術前・術後の全身管理をトレーニング行い、3年目以降においては大学病院と外科系関連病院にて、外科専門医取得のための修練を積み、取得後は大学病院 と関連基幹病院の心臓血管外科をローテートしながら心臓血管外科専門医取得に向けて修練を重ねる。アカデミックコースは大学院生として研究と併行して臨床研修を行い、修練中に医学博士の学位を取得する。コースの途中で も海外留学が可能である。米国、英国に研究員として留学する道が開かれている。修練期間中に先天性心疾患、冠動脈疾患、弁膜疾患、心不全(左室形成、心移植)、不整脈、大動脈疾患、末梢血管疾患などの手術に携わる。卒 後5-6年(コース3-4年)以降に外科専門医試験、卒後9-10年(コース7-8年)以降に心臓血管外科専門医試験を受験し資格取得を基本とする。

コースの概要

アカデミック心臓血管外科専門医コース
(学位取得および外科専門医・心臓血管外科専門医・循環器専門医コース)

大学病院・医療機関名 診療科 専門分野 指導者数 目的 養成人数 期間
秋田大学医学部附属病院 心臓血管外科 心臓血管外科 4 大学院での学位取得・外科専門医および心臓血管外科専門医養成のための研修・循環器専門医養成のための研修 2 9年
秋田県成人病医療センター 心臓血管外科 心臓血管外科 1 外科専門医および心臓血管外科専門医養成のための研修・循環器専門医養成のための研修 1 1年
平鹿総合病院 心臓血管外科 心臓血管外科 1 外科専門医および心臓血管外科専門医養成のための研修・循環器専門医養成のための研修 1 1年
由利組合総合病院 心臓血管外科 心臓血管外科 1 外科専門医および心臓血管外科専門医養成のための研修・循環器専門医養成のための研修 1 1年
受入人数 5

コースの実績

当科は秋田県の心臓血管外科医療の中核として小児複雑心奇形から、虚血性心疾患、弁膜症、大動脈瘤、心不全外科など、人工心肺症例・オフポンプ冠動脈症例で年間約130例を行い、腹部大動脈瘤、末梢血管手術、ペースメ ーカー手術を加え、年間計200例以上の手術を行っている。研修医はどの分野においても充分なトレーニングを積むことが可能で心臓血管外科専門医4名(うち2名は循環器専門医)が中心となり研修医指導に当たっている。

コースの指導状況

症例に関する検討会は毎朝、英語で行っており、症例提示の修練のみならず、他医師が行う提示も参考し、欧米留学を念頭においた指導を行っている。手術は、心臓疾患では開胸、閉胸などのトレーニングを充分に行いつつ、 心房中隔欠損症(コース2年目)、大動脈弁置換術(コース3年目)などが修練でき、血管疾患では腹部大動脈瘤手術(コース2年目)、膝窩動脈バイパス(コース3年目)なども修練できる。

専門医の取得等

学会等名 日本外科学会
資格名 外科専門医
資格要件
  • 外科専門医制度修練施設における一定以上の修練期間が必要。
    修練開始後満4年以上を経た段階で、予備試験となる筆記試験を受験可能。
  • 修練開始後満5年以上を経た予備試験合格者は、定められた最低手術症例数(350例以上の手術手技を経験、うち120例以上は術者として経験が必要)を充足した段階で認定試験としての面接試験の受験が可能となる 。
  • 業績として専門医委員会が定める学術集会発表または論文発表などの審査を行う。
・心臓血管外科、消化器外科、呼吸器外科、小児外科などの関連外科専門医を取得する際に必要な基盤となる共通資格である。
・日本外科学会に「修練開始登録」を行った者のみが受験資格または専門医 資格取得可能で、他学会との連携による資格取得はない。
学会等名 日本心臓血管外科学会
資格名 心臓血管外科専門医
資格要件
  • 日本外科学会の専門医資格が必要。
  • 卒後修練期間が7年以上を有すること。
  • 認定修練施設において3年以上の修練期間を有すること。
  • 修練期間中に
    (1)術者として50例以上の手術を行う(同一手術は10例を超えない)
    (2)第一助手としては50例以上を行うこと
    (3)総点数は500点以上とする(疾患により取得点数が異なるた め詳細省略)。
  • 査読制度のある全国誌以上の論文3編以上(筆頭論文1編以上を含む)必要。
  • 全国規模の学術集会あるいはそれ以上で筆頭演者として3回以上(少なくても1回は日本胸部外科学会学術総会、日本心臓血管外科学会学術総会、日本血管外科学会総会で発表)必要。
  • 日本胸部外科学会学術総会、日本心臓血管外科学会学術総会、日本血管外科学会総会に計3回以上、参加していること。
  • 3回以上、学会が行うセミナーを受講していること。
日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本血管外科学会のうち少なくても2学会の会員であり、3年以上の会員歴を有すること。
学会等名 日本循環器学会
資格名 循環器専門医
資格要件
  • 日本内科学会認定内科医と同等と認められる学会認定医の資格が必要(取得時に問い合わせ必要)。
  • 6年以上の臨床研修歴を有すること。そのうち、3年以上は日本循環器学会指定の研修施設で研修していること。
  • 資格認定試験は毎年1回、筆記試験により行う。

コースの流れ