糖尿病・内分泌代謝専門医養成コース

マーク:NARプログラム

秋田大学老年科ならびにその関連病院において、卒後臨床研修(1-2年次)と一般内科研修(3年次)を行い、認定内科医の資格を目指します。多くの症例に接して全人的医療の実践できる基盤を形成することが3年間の目標 であり、全身疾患である糖尿病や内分泌疾患の専門研修に繋がります。
4年次には、糖尿病専門医や内分泌代謝専門医を取得するための専門研修を開始します。糖尿病や内分泌疾患を切口として、生活習慣や検査パラメータのマネージメント・合併症のマネージメントを含め、看護師や管理栄 養士などの医療職種と一体となって、個々の症例に即した全人的医療を実践できることが次の3年間の目標です。さらに、臨床の場で感じた疑問の解決やエビデンスの発信を目指して臨床研究や基礎研究に従事することも 可能です。

糖尿病・内分泌代謝専門医養成コース

コースの概要

糖尿病専門医コース

大学病院・医療機関名 診療科 専門分野 指導者数 目的 養成人数 期間
秋田大学医学部附属病院 老年科 糖尿病・内分泌代謝内科 6 糖尿病・代謝内分泌内科医療全般の研修・糖尿病専門医研修・内分泌代謝専門医研修 3 4年
秋田組合総合病院 糖尿病・代謝科 糖尿病・内分泌代謝内科 1 糖尿病・代謝内分泌内科医療全般の研修・糖尿病専門医研修・ 1 1年
秋田赤十字総合病院 内科 糖尿病・内分泌代謝内科 3 糖尿病・代謝内分泌内科医療全般の研修・糖尿病専門医研修・内分泌代謝専門医研修 1 1年
市立秋田総合病院 消化器内科・代謝科 糖尿病・内分泌代謝内科 1 糖尿病・代謝内分泌内科医療全般の研修 1 1年
新潟大学医歯学総合病院 内分泌代謝内科 内分泌・代謝疾患、糖尿病 10 糖尿病・代謝内分泌内科医療全般の研修・糖尿病専門医研修・内分泌代謝専門医研修 1 3ヵ月-1年
琉球大学医学部附属病院 第二内科 内分泌・代謝疾患、糖尿病 4 糖尿病・代謝内分泌内科医療全般の研修・糖尿病専門医研修・内分泌代謝専門医研修 1 3ヵ月-1年
受入人数 4

*6年の研修は大学病院が中心ですが、その他の病院も6ヶ月~1年ずつ、計2年程度研修を予定しています。

内分泌代謝専門医コース

大学病院・医療機関名 診療科 専門分野 指導者数 目的 養成人数 期間
秋田大学医学部附属病院 老年科 糖尿病・内分泌代謝内科 6 糖尿病・代謝内分泌内科医療全般の研修・糖尿病専門医研修・内分泌代謝専門医研修 3 4年
秋田組合総合病院 糖尿病・代謝科 糖尿病・内分泌代謝内科 1 糖尿病・代謝内分泌内科医療全般の研修・糖尿病専門医研修・ 1 1年
秋田赤十字総合病院 内科 糖尿病・内分泌代謝内科 3 糖尿病・代謝内分泌内科医療全般の研修・糖尿病専門医研修・内分泌代謝専門医研修 1 1年
市立秋田総合病院 消化器内科・代謝科 糖尿病・内分泌代謝内科 1 糖尿病・代謝内分泌内科医療全般の研修 1 1年
新潟大学医歯学総合病院 内分泌代謝内科 内分泌・代謝疾患、糖尿病 10 糖尿病・代謝内分泌内科医療全般の研修・糖尿病専門医研修・内分泌代謝専門医研修 1 3ヵ月-1年
琉球大学医学部附属病院 第二内科 内分泌・代謝疾患、糖尿病 4 糖尿病・代謝内分泌内科医療全般の研修・糖尿病専門医研修・内分泌代謝専門医研修 1 3ヵ月-1年
受入人数 3

*6年の研修は大学病院が中心ですが、その他の病院も6ヶ月~1年ずつ、計2年程度研修を予定しています。

コースの実績

当コースでは、内科認定医・専門医12名、糖尿病専門医9名、糖尿病研修指導医5名、内分泌代謝専門医1名の指導のもと、計8名(男性4名、女性4名、内大学院1名)の専門医研修医が研修している。大学病院では、外来約 80名/日、入院病床12床での診療に加え、甲状腺・頚動脈エコーや甲状腺細胞診等を修練する。また大学院進学コースでは、臨床研究や基礎研究に従事し、成果を国内外の学会や学術論文にて発表しています。

コースの指導状況

病棟では上級医と共にチームを形成し、外来では上級の新患・再来担当医と共に診療を行う。日々の診療を通して一般内科医、及び糖尿病・内分泌代謝専門医としての基本的な考え方を学び、実践、検討を重ねていく 。週1回の病棟、外来カンファレンスにてコメディカルも含めたスタッフ全員で治療方針を確認し、問題点を指摘し合い修正を行う。

専門医の取得等

学会等名 日本内科学会
資格名 認定内科医
資格要件
  • 次記のa、bのいずれかに該当する内科研修歴を有し,内科全般の研修を修了した者
    1. 臨床研修2年+本会が認定した教育病院(内科臨床大学院含む)での内科研修1年以上=計3年以上
    2. 臨床研修2年+本会が認定した教育関連病院での内科研修1年以上=計3年以上
  • 資格認定試験合格
本コースでの1年目は、全員が内科学会認定教育病院で内科研修を行う
学会等名 日本糖尿病学会
資格名 糖尿病専門医
資格要件
  • 申請時において,日本内科学会の認定内科医として認定されており連続3 年以上本学会の会員であること
  • 認定内科医研修の課程を修了後,この規則により認定された認定教育施設において3 年以上の期間にわたって常勤者として糖尿病臨床研修を行っていること
  • 糖尿病臨床に関する,筆頭者としての学会発表または論文が2 編以上あること
  • 入院糖尿病患者40 症例以上の治療経験を有すること
学会等名 日本内分泌学会
資格名 内分泌専門医
資格要件
  • 申請時において、継続3年以上または通算5年以上本学会の会員であること。
  • 申請時において、日本内科学会認定医として認められている者。
  • 内科認定研修の課程を修了後、申請時まで3年以上、日本内分泌学会認定教育施設において内分泌代謝科指導医(特例指導医)の指導のもとで内分泌代謝疾患の診療に従事している者。
  • 内分泌代謝疾患臨床に関する学会発表、又は論文発表が5編以上あり、少なくとも2編は筆頭者であること。
  • 内分泌代謝疾患相当例以上の入院および外来の診療経験を有する者
学会等名 日本内科学会
資格名 総合内科専門医
資格要件
  • 現在認定内科医と認定されている者で、申請時連続して3年以上の日本内科学会会員歴を有し、次のa, bのいずれかに該当する内科研修歴を有する。
    1. 認定内科医資格取得後、本会が認定した教育病院での内科研修1年以上+本会が認定した教育関連病院での内科研修2年以上=計3年以上(計3年以上のうち、最低でも1年以上は日本内科学会が認 定した教育病院での内科研修が必要である)
    2. 認定内科医資格取得後、本会が認定した教育関連病因での内科研修5年以上
  • 資格認定試験合格

コースの流れ

図:糖尿病・内分泌代謝専門医養成コースの流れ