アカデミック脳神経外科専門医コース

マーク:TASプログラム

本コースは、全員大学院(社会人枠を含む)に入学し、一般臨床と平行して最先端医療の診療・研究を行うことにより学位(博士(医学))を6年間で取得することを基本とし、卒後7年目には脳神経外科専門医も取得できます。秋田大 学および県内連携病院における研修および研究の他に、東京医科歯科大学脳神経外科に、3ヶ月ないし1年間出向し、第一線の医療と研究について学ぶコースが設定されています。秋田大学附属病院ではチーム医療体制(脳血管疾患チ ーム・脳腫瘍チーム・脊髄疾患チーム)の下に配属され、豊富な臨床症例を受け持ちながら脳神経外科の基礎知識、全身管理、基本技術を修得します。関連研修施設では急性期脳卒中や頭部外傷のほか、脳血管内治療やリハビリテー ショなども研修できます。大学病院・研修関連病院ネットワークにおいて第一線の医療と最先端の研究を行うことで、高度なリサーチマインドを持った臨床医育成を目指しています。

コースの概要

アカデミック脳神経外科専門医コース

大学病院・医療機関名 診療科 専門分野 指導者数 目的 養成人数 期間
秋田大学医学部附属病院 脳神経外科 脳神経外科 9 脳神経外科医療全般の修得 2 3年
秋田県立脳血管研究センター 脳神経外科 脳神経外科 8 脳血管障害疾患における最先端の医療機器を駆使した臨床の修得 2 2年
秋田組合総合病院 脳神経外科 脳神経外科 4 地域医療における外来、脳血管撮影、手術、リハビリテーションの修得 1 1年
由利組合総合病院 脳神経外科 脳神経外科 2 地域医療における外来、訪問診療、脳血管撮影、血管内手術、手術の修得 1 1年
平鹿総合病院 脳神経外科 脳神経外科 2 地域医療における外来、訪問診療、脳血管撮影、血管内手術、手術の修得 1 1年
仙北組合総合病院 脳神経外科 脳神経外科 3 地域医療の拠点病院における外来、脳血管撮影、手術の修得 1 1年
雄勝中央病院 脳神経外科 脳神経外科 2 地域医療における外来、訪問診療、脳血管撮影、手術、リハビリテーションの修得 1 1年
市立角館総合病院 脳神経外科 脳神経外科 2 地域医療における外来、血管内手術の修得 1 1年
大館市立総合病院 脳神経外科 脳神経外科 1 地域医療における外来、脳血管撮影、手術の修得 1 1年
秋田労災病院 脳神経外科 脳神経外科 1 地域医療における外来、リハビリテーションの修得 1 1年
中通総合病院 脳神経外科 脳神経外科 1 脳血管撮影、手術、リハビリテーションの修得 1 1年
受入人数 2

コースの実績

大学病院では、脳神経外科専門医9名による指導体制を組んでいる。平成18年度2名、平成19年度1名、平成20年度に2名のチーフレジデントが専門医取得に向けて研修している。本コースでは年間入院450症例、手術250件の症例に ついて修練する。さらに関連施設(地域の中核病院)ではH18年度2名、平成19年度2名、平成20年度2名のレジデントが地域医療に貢献しながら多数の症例を通して修練している。

コースの指導状況

大学病院では脳血管障害チーム、脳腫瘍チーム、脊髄・脊椎疾患チーム、定位放射線治療チームの指導医が各専門分野の特殊性を踏まえながら指導している。さらに各診療チームは各自の専門分野のみに特化することなく、他の 各診療チームと有機的に連携して、患者本位のチーム医療を実践している。外来、病棟、救急外来、手術といったあらゆる臨床現場で、指導医が脳神経外科専門医育成のために日々きめ細かく指導している。

専門医の取得等

学会等名 日本脳神経外科学会
資格名 脳神経外科専門医
資格要件 卒後臨床研修2年の後、社団法人日本脳神経外科学会認定の専門医のもとで通算4年以上所定の訓練施設で研修していること。この間少なくとも3年以上は脳神経外科臨床に専従すること。
日本脳神経外科学会専門医認定制度による指定訓練施設
日本脳神経外科学会代議員2名
日本脳神経外科専門医9名
学会等名 日本脳卒中学会
資格名 脳卒中専門医
資格要件
  • 脳神経外科学会専門医の資格を有し、脳卒中学会に3年度以上在籍していること。
  • 3年以上認定病院で研修していること。
  • 脳卒中学会で筆頭演者として1回以上発表し、脳卒中に関する論文を2編以上有すること。
日本脳卒中専門医認定制度による研修教育病院
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医 2名。
学会等名 日本脊髄外科学会
資格名 脊髄外科認定医
資格要件
  • 脳神経外科専門医の資格を有し、連続して4年以上入会していること。
  • 認定訓練施設で1年以上の研修経験と100例以上の脊椎脊髄の手術経験(執刀医または第一助手として)があること。
  • 訓練施設長の推薦および研修期間の手術記録の提出をし、さらに学術活動がきちんとなされていること。
以上を満たし、選考委員会で推薦した後に、日本脊髄外科学会理事会で承認を得て、脊髄外科認定医と認める。
日本脊髄外科学会認定医制度による訓練施設
日本脊髄外科学会指導医 1名
日本脊髄外科認定医 1名
学会等名 がん治療認定医機構
資格名 がん治療認定医
資格要件
  • 本領域の学会の認定医又は専門医の資格を有する。
  • 認定研修施設において、癌治療研修を終了し、指導責任者による証明がなされている
  • 最近5年間に業績基準に挙げる学会において発表された、がん診療についての業績2件、業績基準に挙げる学術雑誌または学術図書に掲載されたがん診療についての業績1件を有する。
  • がん治療認定機構が開催する教育セミナーに参加し、受講後に行われる認定試験に合格している。
  • 最近5年間に所定の学術単位を合計で20単位以上取得している。
日本がん治療認定医機構認定研修施設
日本がん治療認定医機構の暫定教育医2名

コースの流れ

図:アカデミック脳神経外科専門医コースの流れ