耳鼻咽喉科専門医養成コース

マーク:NARプログラム

当科専門研修プログラムの基本理念は、耳鼻咽喉科・頭頸部領域のバランスのとれた診療技術を修得し、全人的に患者に仕えることのできる専門医を養成することである。また、研究心を持ち、常に自己研鑽に努めながら、他領域の専門医や医療担当者との協調性、コミュニケーション能力を養う。原則として、初期半年は大学で初期研修を行い、次いで、研修指定関連病院をローテートして、修練を積み、最後は大学に戻って専門医試験に備えます。この間、原則として大学院への入学を勧め、本人の希望を重視し、その研究テーマによっては、院内・院外(秋田脳血管研究センター)又は、必要に応じて海外の研究施設で博士号修得のための指導を行います。卒後臨床研修を含む最短6年で耳鼻咽喉科専門医を収得できる。気管食道科学会専門医やアレルギー学会専門医の収得も可能である。

耳鼻咽喉科専門医養成コース

コースの概要

気管食道専門医コース

大学病院・医療機関名 診療科 専門分野 指導者数 目的 養成人数 期間
秋田大学医学部附属病院 耳鼻咽喉科 耳鼻咽喉科 5 耳鼻咽喉科医療全般の修得 5 6年
受入人数 5

耳鼻咽喉科アレルギー専門医コース

大学病院・医療機関名 診療科 専門分野 指導者数 目的 養成人数 期間
秋田大学医学部附属病院 耳鼻咽喉科 耳鼻咽喉科 5 耳鼻咽喉科医療全般の修得 5 6年
受入人数 5

コースの実績

大学病院では、耳鼻咽喉科専門医6名の指導のもと、新臨床研修制度施行前の4名、施行後の平成18年度1名、平成19年度1名、平成20年度2名(計8名:男性7名、女性1名、このうち大学院5名)の専門医研修医が研修している。当科における年間手術件数は400例以上で、耳科手術(人工内耳埋め込み術も含む)、鼻科手術、口腔咽頭手術、唾液腺手術、気管・喉頭手術、頸部手術、頭蓋底手術、遊離皮弁再建術と幅広く耳鼻咽喉科領域の手術を行っている。

コースの指導状況

診療チームの上級医が、病棟、外来、救急外来、手術における患者診療を介して、基本的診療、検査、手術等の指導を行う。専門的には頭頸部悪性腫瘍に対する集学治療、各種遊離・有茎皮弁による頭頸部癌切除後の機能再建、頭蓋底手術、めまい平衡障害患者の神経耳科的総合検査による診断と治療、補聴器不適合高度難聴者への人工内耳植え込み術、聴神経腫瘍患者の機能温存手術、鼻アレルギーの免疫療法などの指導も行っている。

専門医の取得等

学会等名 日本耳鼻咽喉科学会
資格名 耳鼻咽喉科専門医
資格要件 認可された耳鼻咽喉科専門医研修施設において、定められた研修カリキュラムに従い、5年以上の研修を終了した者。
耳鼻咽喉科専門医研修施設、日本耳鼻咽喉科学会評議員 1名、耳鼻咽喉科専門医 6名
学会等名 日本気管食道科学会
資格名 気管食道科学会専門医
資格要件 本学会会員歴が申請時引続き5年以上の医師で、次の認定基準を満たすもの。
  • 基本領域の学会の専門医・認定医の資格を有すること。
  • 本学会認定の研修施設において、本学会所定のカリキュラムに沿って、基本領域の学会の研修期間を含め、通算5年以上履修したことを本学会所定の研修記録簿によって証明すること。
  • 本学会所定の単位を取得すること。
  • 本学会評議員1名の推薦を得ること。
  • 本学会所定の試験に合格すること。
気管食道科学会認定専門医研修施設、日本気管食道科学会評議員 1名
学会等名 日本アレルギー学会
資格名 アレルギー学会専門医
資格要件 基盤学会(内科、小児科、耳鼻咽喉科、皮膚科、眼科など)専門医の認定を受けていること。基本領域の臨床研修を含め6年以上の臨床修歴を要する。この6年の臨床修歴のうち通算3年以上は日本アレルギー学会認定教育施設においてアレルギー学会指導医又は専門医のもとで臨床研修を要する。
日本アレルギー学会認定教育施設、アレルギー学会専門医1名

コースの流れ

図:耳鼻咽喉科専門医養成コースの流れ