アカデミック眼科専門医コース

マーク:TASプログラム

本コースは、眼科専門医を養成するとともに、学位(博士(医学))の取得をもめざす6年間のコースを基本とする。全員大学院に入学し、一般臨床と平行して臨床研究を行うことにより、高度なリサーチマインドを持った臨床医の養成を目標とする。秋田大学および県内連携病院における研修および研究の他に、東京医科歯科大学眼科に、3ヶ月ないし1年間出向し、第一線の医療と研究について学ぶコースを設定した。(1)白内障診療や、(2)緑内障診療、(3)網膜硝子体診療、(4)地域型眼科診療重点などを、個々のニーズにより学ぶことができる。卒後7年目に眼科専門医が取得できる。さらに大学院(社会人枠を含む)に入学し、最先端医療の診療・研究を行い、学位(博士(医学))を取得する。

コースの概要

アカデミック眼科専門医コース

大学病院・医療機関名 診療科 専門分野 指導者数 目的 養成人数 期間
秋田大学医学部附属病院 眼科 眼科 7 眼科疾患全般の研修・眼科専門医研修 4 4年
中通総合病院 眼科 眼科 1 白内障手術研修、眼科専門医研修 2 2(1)年
市立秋田総合病院 眼科 眼科 1 難治性ぶどう膜疾患研修、眼科専門医研修 2 2(1)年
平鹿総合病院 眼科 眼科 2 緑内障手術研修、網膜硝子体手術研修、総合内科専門医研修 2 2年
受入人数 4

コースの実績

大学病院では、眼科学会専門医7名の指導のもと、新臨床研修制度施行後の平成19年度2名、平成19年度2名(計4名:男性3名、女性1名、このうち大学院2名)の専門医研修医が研修している。本コースでは、当科に於ける外来約120名/日、入院病棟30床、眼科手術650例に加え、関連施設で多数の症例の修練ができる。

コースの指導状況

秋田大学医学部附属病院は、日本眼科学会が認定した、秋田県唯一の眼科研修プログラム施行施設である。3次医療機関として、県内の勤務医、開業医と病診連携をとり、秋田県内におけるあらゆる分野の眼科疾患患者の紹介や相談を受け入れている。特に、難治性の緑内障、網膜硝子体疾患の治療に対応できる体制を維持している。在京の大学病院が専門分野に特化していることと大きく立場が異なり、眼科全分野の臨床の習得に好ましい環境となっている。

専門医の取得等

学会等名 日本眼科学会
資格名 日本眼科学会専門医
資格要件 日本眼科学会および社団法人日本眼科医会(以下「日本眼科医会」という。)の会員である者。学会が認定した施設において、施行細則で定める研修内容により5年以上眼科臨床を研修した者。あるいは厚生労働省の定める卒後臨床研修(2年間)終了後、認定研修施設において施行細則で定める研修内容により4年以上眼科臨床を研修した者。即ち卒後臨床研修を含め6年以上の臨床経験を終了した者。委員会が行う専門医認定試験に合格した者

コースの流れ

図:アカデミック眼科専門医コースの流れ