眼科専門医養成コース

マーク:NARプログラム

初期臨床研修を修了した医師を対象とし、一般眼科診療に必要な知識と技術を習得し、日本眼科学会認定専門医として地域医療に貢献する眼科医の育成を目指す。専門医研修生は、診療チームに配置され、主治医として病棟患 者4−10名を受け持つ。希望に応じて、白内障手術、緑内障手術、網膜剥離手術、硝子体手術、斜視手術、レーザー治療を経験できる。また、週3回の外来診療に従事し、新患・再来患者、救急患者への対応を研修する。さらに 、研修中に大学院に入学し、最先端医療の診療・研究に触れる事ができる。また、個々の目的にあわせて、関連研修病院での研修を選択できる。卒後5−6年目にこの研修プログラムが修了したときには、基本的疾患について診断 ・治療できる独立した眼科医となることが目標である。秋田大学および県内連携病院における研修および研究の他に、新潟大学または琉球大学眼科に、3ヶ月ないし1年間出向し、第一線の医療と研究について学ぶことが可能で ある。

Bコース、Cコースでは眼科専門医を養成するとともに、学位(博士(医学))の取得をめざす6年間のコースとなっている。全員大学院に入学し、一般臨床と平行して臨床研究を行うことにより、高度なリサーチマインドを持っ た臨床医の養成を目標とする。

眼科専門医養成コース

コースの概要

眼科専門医Aコース

大学病院・医療機関名 診療科 専門分野 指導者数 目的 養成人数 期間
秋田大学医学部附属病院 眼科 眼科 7 眼科医療全般の習得 4 4年
市立秋田総合病院 眼科 眼科 1 ぶどう膜炎診療、眼科医療全般の習得 1 2年
湖東総合病院 眼科 眼科 1 眼科医療全般の習得 1 2年
由利組合総合病院 眼科 眼科 2 地域医療に於ける眼科の習得 1 2年
雄勝中央病院 眼科 眼科 2 地域医療に於ける眼科の習得 1 2年
秋田県立リハビリテーション精神医療センター 眼科 眼科 1 神経眼科診療、眼科医療全般の習得 1 2年
中通総合病院 眼科 眼科 1 白内障手術、眼科医療全般の習得 1 2年
平鹿総合病院 眼科 眼科 2 地域医療に於ける眼科の習得 1 2年
秋田組合総合病院 眼科 眼科 1 地域医療に於ける眼科の習得 1 2年
新潟大学医歯学総合病院 眼科 眼科 8 眼科医療全般の習得 2 1-2年
琉球大学医学部附属病院 眼科 眼科 12 眼科医療全般の習得 2 1-2年
受入人数 4

眼科専門医+学位取得Bコース

大学病院・医療機関名 診療科 専門分野 指導者数 目的 養成人数 期間
秋田大学医学部附属病院 眼科 眼科 7 眼科医療全般の習得 2 6年
市立秋田総合病院 眼科 眼科 1 ぶどう膜炎診療、眼科医療全般の習得 1 2年
湖東総合病院 眼科 眼科 1 眼科医療全般の習得 1 2年
由利組合総合病院 眼科 眼科 2 地域医療に於ける眼科の習得 1 2年
雄勝中央病院 眼科 眼科 2 地域医療に於ける眼科の習得 1 2年
秋田県立リハビリテーション精神医療センター 眼科 眼科 1 神経眼科診療、眼科医療全般の習得 1 2年
中通総合病院 眼科 眼科 1 白内障手術、眼科医療全般の習得 1 2年
平鹿総合病院 眼科 眼科 2 地域医療に於ける眼科の習得 1 2年
秋田組合総合病院 眼科 眼科 1 地域医療に於ける眼科の習得 1 2年
新潟大学医歯学総合病院 眼科 眼科 8 眼科医療全般の習得 2 1-2年
琉球大学医学部附属病院 眼科 眼科 12 眼科医療全般の習得 2 1-2年
受入人数 2

眼科専門医+学位取得Cコース

大学病院・医療機関名 診療科 専門分野 指導者数 目的 養成人数 期間
秋田大学医学部附属病院 眼科 眼科 7 眼科医療全般の習得 2 6年
市立秋田総合病院 眼科 眼科 1 ぶどう膜炎診療、眼科医療全般の習得 1 2年
湖東総合病院 眼科 眼科 1 眼科医療全般の習得 1 2年
由利組合総合病院 眼科 眼科 2 地域医療に於ける眼科の習得 1 2年
雄勝中央病院 眼科 眼科 2 地域医療に於ける眼科の習得 1 2年
秋田県立リハビリテーション精神医療センター 眼科 眼科 1 神経眼科診療、眼科医療全般の習得 1 2年
中通総合病院 眼科 眼科 1 白内障手術、眼科医療全般の習得 1 2年
平鹿総合病院 眼科 眼科 2 地域医療に於ける眼科の習得 1 2年
秋田組合総合病院 眼科 眼科 1 地域医療に於ける眼科の習得 1 2年
新潟大学医歯学総合病院 眼科 眼科 8 眼科医療全般の習得 2 1-2年
琉球大学医学部附属病院 眼科 眼科 12 眼科医療全般の習得 2 1-2年
受入人数 2

コースの実績

大学病院では、眼科学会専門医7名の指導のもと、新臨床研修制度施行後の平成19年度2名、平成19年度2名(計4名:男性3名、女性1名、このうち大学院2名)の専門医研修医が研修している。本コースでは、当科に 於ける外来約120名/日、入院病棟30床、眼科手術650例に加え、関連施設で多数の症例の修練ができる。

コースの指導状況

秋田大学医学部附属病院は、日本眼科学会が認定した、秋田県唯一の眼科研修プログラム施行施設である。3次医療機関として、県内の勤務医、開業医と病診連携をとり、秋田県内におけるあらゆる分野の眼科疾患患者の紹介 や相談を受け入れている。特に、難治性の緑内障、網膜硝子体疾患の治療に対応できる体制を維持している。在京の大学病院が専門分野に特化していることと大きく立場が異なり、眼科全分野の臨床の習得に好ましい環境となっ ている。

専門医の取得等

学会等名 日本眼科学会
資格名 日本眼科学会専門医
資格要件 日本眼科学会および社団法人日本眼科医会(以下「日本眼科医会」という。)の会員である者。学会が認定した施設において、施行細則で定める研修内容により5年以上眼科臨床を研修した者。あるいは厚生労働省の定める卒後臨 床研修(2年間)終了後、認定研修施設において施行細則で定める研修内容により4年以上眼科臨床を研修した者。即ち卒後臨床研修を含め6年以上の臨床経験を終了した者。委員会が行う専門医認定試験に合格した者

コースの流れ