アカデミック膠原病専門医コース

マーク:TASプログラム

本コースは、膠原病専門医を養成するとともに、博士(医学)の取得をもめざす6年間のコースを基本とする。全員大学院に入学し、一般臨床と平行して臨床研究を行うことにより、高度なリサーチマインドを持った臨床医の養成を目標とする。秋田大学および県内連携病院における研修および研究の他に、東京医科歯科大学膠原病・リウマチ内科に3ヶ月ないし1年間出向し、第一線の医療と研究について学ぶコースを設定した。1.膠原病一般診療や、2.腎生検の施行および組織所見の見方、3.新規の免疫抑制剤や生物学的製剤の使用、4.難治性自己免疫疾患に対する自己末梢血幹細胞移植の実施、5.地域型循環器診療重点などを、個々のニーズにより学ぶことができる。卒後3-4年目に内科認定医、6-7年目に内科専門医、リウマチ専門医、超音波専門医などが取得できる。さらに大学院(社会人枠を含む)に入学し、最先端医療の診療・研究を行い学位(博士(医学))を取得する。

コースの概要

アカデミック膠原病専門医コース

大学病院・医療機関名 診療科 専門分野 指導者数 目的 養成人数 期間
秋田大学医学部附属病院 第三内科 膠原病内科 4 膠原病疾患全般の研修・膠原病学全般の知識と技術の習得、リウマチ専門医認定医研修、内科専門医研修 2 2~6年
由利組合総合病院 内科 内科 2 膠原病疾患全般の研修・膠原病学全般の知識と技術の習得、リウマチ専門医認定医研修、内科専門医研修。 1 2(1)年
受入人数 2

コースの実績

大学病院では日本リウマチ学会専門医3人(うち1人は日本リウマチ学会指導医)の指導のもと、H20年2人(男性2、うち大学院2)が研修を開始した。専門医・学位取得プログラムにて大学院に進学した2人は研修期間中に研究に集中する時期をもつ。

コースの指導状況

大学病院では開設以来6000例以上の腎生検症例を蓄積し、多様な膠原病疾患の診断・治療を経験できる。研修終了までに多くの膠原病の診療、腎生検・組織診断、治療ができるよう指導している。また、膠原病の標準的治療に加え、先端的治療である自己末梢血幹細胞移植も経験できる。関節リウマチに関しては、整形外科、リハビリテーション部と連携して治療ができる。

専門医の取得等

学会等名 日本内科学会
資格名 認定内科医
資格要件
  • 次記のa、bのいずれかに該当する内科研修歴を有し,内科全般の研修を修了した者
    1. 臨床研修2年+本会が認定した教育病院(内科臨床大学院含む)での内科研修1年以上=計3年以上
    2. 臨床研修2年+本会が認定した教育関連病院での内科研修1年以上=計3年以上
  • 資格認定試験合格
本コースでの1年目は、全員が内科学会認定教育病院で内科研修を行う。
学会等名 日本内科学会
資格名 総合内科専門医
資格要件
  • 現在認定内科医と認定されている者で,受験申込み時連続して3年以上(休会期間を含めない)の会員歴を有し,受験申込年度までの会費を完納し,次のa,bのいずれかに該当する内科研修歴を有する者
    1. 認定内科医資格取得後,本会が認定した教育病院(内科臨床大学院含む)での内科研修1年以上+本会が認定した教育関連病院での内科研修2年以上=計3年以上 (計3年以上のうち,最低でも1年以上は本会が認定した教育病院での内科研修が必要である)
    2. 認定内科医資格取得後,本会が認定した教育関連病院での内科研修5年以上
  • 資格認定試験合格
学会等名 日本リウマチ学会
資格名 リウマチ専門医
資格要件
  • 申請時において引き続き5年以上学会の会員であること。
  • 日本リウマチ学会が認定した教育施設等において、通算5年以上のリウマチ学の臨床研修を行ったこと。
  • 日本リウマチ学会専門医資格維持施行細則による研修単位を30単位以上取得していること
  • 基本領域学会の認定医或いは専門医の資格を有すること(当科では日本内科学会)資格認定試験合格。
  • 資格認定試験合格。

コースの流れ

図:アカデミック膠原病専門医コースの流れ