腎臓膠原病内科専門医養成コース

マーク:NARプログラム

腎臓・膠原病専門医を目指すコースであり、同時に総合内科医を目指すことも基本理念である。腎臓分野では、腎生検の施行、組織診断、治療の全てを行い、診断から治療へ、治療経過から診断へとフィードバックしながら学ぶ ことができる。透析療法については、当院および関連病院透析センターと連携をはかり、透析専門医の取得も可能である。膠原病分野では新規の免疫抑制剤や生物学的製剤が使用可能となり治療効果をあげている。さらに、難治性 自己免疫疾患に対し、先端的治療の自己末梢血幹細胞移植も行える。また、当科は、文部科学省のグローバルCOEプログラムのコア講座であり、探求・研究心の涵養にも努めている。研修期間中に大学院に入学し、最先端の医療と研 究に触れることができる。このコースで経験した症例、臨床研究、基礎研究を学会および論文発表することで、医学・医療の発展を自らの実績にできる専門医コースである。

腎臓膠原病内科専門医養成コース

コースの概要

腎臓膠原病・腎臓専門医コース

大学病院・医療機関名 診療科 専門分野 指導者数 目的 養成人数 期間
秋田大学医学部附属病院 第三内科 腎臓内科 5 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、リウマチ専門医認定医研修、内科専門医研修 2 2-6年
秋田大学医学部附属病院 第三内科および泌尿器科 腎臓内科および泌尿器科 2 腎臓疾患全般の研修・血液浄化の知識と技術の習得、腎臓移植認定医 2 2-6年
秋田組合総合病院 腎臓内科 腎臓内科 2 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、リウマチ専門医認定医研修 2 2年
由利組合総合病院 内科 内科 2 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、腎臓移植専門医、リウマチ専門医認定医研修、内科専門医研修。 1 2(1)年
秋田赤十字病院 腎臓内科 腎臓内科 1 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、腎臓移植専門医、リウマチ専門医認定医研修、内科専門医研修。 1 2年
山本組合総合病院 内科 内科 1 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、腎臓移植専門医、リウマチ専門医認定医研修、内科専門医研修。 1 2(1)年
仙北組合総合病院 内科 内科 1 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、腎臓移植専門医、リウマチ専門医認定医研修、内科専門医研修。 2 2年
新潟大学医歯学総合病院 第二内科 腎・膠原病内科 15 腎臓・膠原病疾患全般の研修 1 1年
琉球大学医学部附属病院 第三内科 腎臓内科 3 腎臓病疾患全般 1 1年
受入人数 2

*6年の研修は主に大学病院血液内科を中心に行いますが、希望により上記の関連医療機関で研修することも可能です。養成人数5名は関連医療機関をローテーションしている医師の数も含めます。

腎臓膠原病・透析専門医コース

大学病院・医療機関名 診療科 専門分野 指導者数 目的 養成人数 期間
秋田大学医学部附属病院 第三内科 腎臓内科 5 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、リウマチ専門医認定医研修、内科専門医研修 2 2-6年
秋田大学医学部附属病院 第三内科および泌尿器科 腎臓内科および泌尿器科 2 腎臓疾患全般の研修・血液浄化の知識と技術の習得、腎臓移植認定医 2 2-6年
秋田組合総合病院 腎臓内科 腎臓内科 2 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、リウマチ専門医認定医研修 2 2年
由利組合総合病院 内科 内科 2 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、腎臓移植専門医、リウマチ専門医認定医研修、内科専門医研修 1 2(1)年
秋田赤十字病院 腎臓内科 腎臓内科 1 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、腎臓移植専門医、リウマチ専門医認定医研修、内科専門医研修 1 2年
山本組合総合病院 内科 内科 1 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、腎臓移植専門医、リウマチ専門医認定医研修、内科専門医研修。 1 2(1)年
仙北組合総合病院 内科 内科 1 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、腎臓移植専門医、リウマチ専門医認定医研修、内科専門医研修。 2 2年
新潟大学医歯学総合病院 第二内科 腎・膠原病内科 15 腎臓・膠原病疾患全般の研修 1 1年
琉球大学医学部附属病院 第三内科 腎臓内科 3 腎臓病疾患全般 1 1年
受入人数 2

*6年の研修は主に大学病院血液内科を中心に行いますが、希望により上記の関連医療機関で研修することも可能です。養成人数5名は関連医療機関をローテーションしている医師の数も含めます。

腎臓膠原病・腎移植認定医コース

大学病院・医療機関名 診療科 専門分野 指導者数 目的 養成人数 期間
秋田大学医学部附属病院 第三内科 腎臓内科 5 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、リウマチ専門医認定医研修、内科専門医研修 2 2-6年
秋田大学医学部附属病院 第三内科および泌尿器科 腎臓内科および泌尿器科 2 腎臓疾患全般の研修・血液浄化の知識と技術の習得、腎臓移植認定医 2 2-6年
秋田組合総合病院 腎臓内科 腎臓内科 2 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、リウマチ専門医認定医研修 2 2年
由利組合総合病院 内科 内科 2 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、腎臓移植専門医、リウマチ専門医認定医研修、内科専門医研修。 1 2(1)年
秋田赤十字病院 腎臓内科 腎臓内科 1 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、腎臓移植専門医、リウマチ専門医認定医研修、内科専門医研修。 1 2年
山本組合総合病院 内科 内科 1 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、腎臓移植専門医、リウマチ専門医認定医研修、内科専門医研修。 1 2(1)年
仙北組合総合病院 内科 内科 1 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、腎臓移植専門医、リウマチ専門医認定医研修、内科専門医研修。 2 2年
新潟大学医歯学総合病院 第二内科 腎・膠原病内科 15 腎臓・膠原病疾患全般の研修 1 1年
琉球大学医学部附属病院 第三内科 腎臓内科 3 腎臓病疾患全般 1 1年
受入人数 2

*6年の研修は主に大学病院血液内科を中心に行いますが、希望により上記の関連医療機関で研修することも可能です。養成人数5名は関連医療機関をローテーションしている医師の数も含めます。

腎臓膠原病・リウマチ専門医コース

大学病院・医療機関名 診療科 専門分野 指導者数 目的 養成人数 期間
秋田大学医学部附属病院 第三内科 腎臓内科 5 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、リウマチ専門医認定医研修、内科専門医研修 2 2-6年
秋田大学医学部附属病院 第三内科および泌尿器科 腎臓内科および泌尿器科 2 腎臓疾患全般の研修・血液浄化の知識と技術の習得、腎臓移植認定医 2 2-6年
秋田組合総合病院 腎臓内科 腎臓内科 2 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、リウマチ専門医認定医研修 2 2年
由利組合総合病院 内科 内科 2 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、腎臓移植専門医、リウマチ専門医認定医研修、内科専門医研修。 1 2(1)年
秋田赤十字病院 腎臓内科 腎臓内科 1 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、腎臓移植専門医、リウマチ専門医認定医研修、内科専門医研修。 1 2年
山本組合総合病院 内科 内科 1 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、腎臓移植専門医、リウマチ専門医認定医研修、内科専門医研修。 1 2(1)年
仙北組合総合病院 内科 内科 1 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、腎臓移植専門医、リウマチ専門医認定医研修、内科専門医研修。 2 2年
新潟大学医歯学総合病院 第二内科 腎・膠原病内科 15 腎臓・膠原病疾患全般の研修 1 1年
琉球大学医学部附属病院 第三内科 腎臓内科 3 腎臓病疾患全般 1 1年
受入人数 2

*6年の研修は主に大学病院血液内科を中心に行いますが、希望により上記の関連医療機関で研修することも可能です。養成人数5名は関連医療機関をローテーションしている医師の数も含めます。

腎臓膠原病・総合内科専門医コース

大学病院・医療機関名 診療科 専門分野 指導者数 目的 養成人数 期間
秋田大学医学部附属病院 第三内科 腎臓内科 5 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、リウマチ専門医認定医研修、内科専門医研修 2 2-6年
秋田大学医学部附属病院 第三内科および泌尿器科 腎臓内科および泌尿器科 2 腎臓疾患全般の研修・血液浄化の知識と技術の習得、腎臓移植認定医 2 2-6年
秋田組合総合病院 腎臓内科 腎臓内科 2 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、リウマチ専門医認定医研修 2 2年
由利組合総合病院 内科 内科 2 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、腎臓移植専門医、リウマチ専門医認定医研修、内科専門医研修。 1 2(1)年
秋田赤十字病院 腎臓内科 腎臓内科 1 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、腎臓移植専門医、リウマチ専門医認定医研修、内科専門医研修。 1 2年
山本組合総合病院 内科 内科 1 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、腎臓移植専門医、リウマチ専門医認定医研修、内科専門医研修。 1 2(1)年
仙北組合総合病院 内科 内科 1 腎臓・膠原病疾患全般の研修・腎臓・膠原病学全般の知識と技術の習得、腎臓専門医研修、腎臓移植専門医、リウマチ専門医認定医研修、内科専門医研修。 2 2年
新潟大学医歯学総合病院 第二内科 腎・膠原病内科 15 腎臓・膠原病疾患全般の研修 1 1年
琉球大学医学部附属病院 第三内科 腎臓内科 3 腎臓病疾患全般 1 1年
受入人数 2

*6年の研修は主に大学病院血液内科を中心に行いますが、希望により上記の関連医療機関で研修することも可能です。養成人数5名は関連医療機関をローテーションしている医師の数も含めます。

コースの実績

大学病院では日本腎臓学会専門医5人、日本リウマチ学会専門医3人(うち2人は日本腎臓学会指導医、1人は日本リウマチ学会指導医)の指導のもと、H20年2人(男性2、うち大学院2)が研修を開始した。専門医・学位取得プログラム にて大学院に進学した2人は研修期間中に研究に集中する時期をもつ。当院および関連病院の透析センターで透析療法、および泌尿器科との連携で腎移植療法の研修も可能である。

コースの指導状況

大学病院では開設以来6000例以上の腎生検症例を蓄積し、多様な腎疾患の診断・治療を経験できる。研修終了までに腎生検・組織診断・治療ができるよう指導している。透析は大学病院・関連病院の透析センターで十分に習得で きる。腎移植の研修も可能である。膠原病では、標準的治療に加え、先端的治療である自己末梢血幹細胞移植も経験できる。関節リウマチに関しては、整形外科、リハビリテーション部と連携して治療ができる。

専門医の取得等

学会等名 日本内科学会
資格名 認定内科医
資格要件
  • 次記のa、bのいずれかに該当する内科研修歴を有し,内科全般の研修を修了した者
    1. 臨床研修2年+本会が認定した教育病院(内科臨床大学院含む)での内科研修1年以上=計3年以上
    2. 臨床研修2年+本会が認定した教育関連病院での内科研修1年以上=計3年以上
  • 資格認定試験合格
本コースでの1年目は、全員が内科学会認定教育病院で内科研修を行う
学会等名 日本内科学会
資格名 総合内科専門医
資格要件
  • 現在認定内科医と認定されている者で,受験申込み時連続して3年以上(休会期間を含めない)の会員歴を有し,受験申込年度までの会費を完納し,次のa,bのいずれかに該当する内科研修歴を有する者
    1. 認定内科医資格取得後,本会が認定した教育病院(内科臨床大学院含む)での内科研修1年以上+本会が認定した教育関連病院での内科研修2年以上=計3年以上
      (計3年以上のうち,最低でも1年以上は本会が認定した教育病院での内科研修が必要である)
    2. 認定内科医資格取得後,本会が認定した教育関連病院での内科研修5年以上
  • 資格認定試験合格
学会等名 日本腎臓学会
資格名 腎臓専門医
資格要件
  • 本会の会員歴が継続して5年以上であること
  • 日本内科学会認定医取得後3年以上で下記をみたすもの。
    1. 腎臓学会が指定する研修施設において、別に定める研修カリキュラムに基づく研修を3年以上行っていること
    2. 資格認定試験合格
大学院入学の上基礎研究に専念する2年間(2、3年目)は専門医取得のための臨床研修とはみなさない。本コースの4年目に医員として臨床を再開し、これ以降を臨床研修とみなす。
学会等名 日本透析学会
資格名 透析専門医
資格要件
  • 日本内科学会および日本外科学会において定められたいずれかの認定医または、専門医、日本泌尿器科学会および日本小児科学会において定められたいずれかの専門医、もしくは日本麻酔学会において定められた指導 医の資格を有し、臨床経験5年以上を有すること。
  • 認定施設または教育関連施設において本会の専門医制度委員会の規定によって編成された研修カリキュラムに従い通算5年以上、もしくは本会の専門医制度委員会が認める外部団体主催の研修期間も含めて計5年以上、 主として透析療法に関する臨床研修を行いかつ業績のあること。
  • 学会出席ならびに業績について30単位を満たしていること。
  • 資格認定試験合格。
大学院入学の上基礎研究に専念する2年間(2、3年目)は専門医取得のための臨床研修とはみなさない。本コースの4年目に医員として臨床を再開し、これ以降を臨床研修とみなす。
学会等名 日本臨床腎移植学会
資格名 日本臨床腎移植学会腎移植認定医
資格要件
  • 卒後6年以上で日本内科学会認定医または専門医、日本小児科学会認定医または専門医、日本外科学会認定医、専門医または指導医、日本泌尿器科学会専門医のいずれかの資格がある。
  • 3年間以上引き続いて日本臨床腎移植学会会員であること。
  • 論文と学会/研究会発表の合計が3つ以上
  • 内科系は移植腎機能障害の管理
    (急性期および慢性期の血液透析・腹膜透析・2重ろ過プラズマフェレーシス・血漿交換などの血液浄化療法管理など。免疫抑制療法の管理。術後内科合併症の管理(感染症、高血圧、高脂肪血症、高尿酸血症、透析 合併症など)
    腎移植手術の見学2例。
    移植腎生検の診断5検体。
  • 書類審査のみで試験は課さない。(移行措置)
学会等名 日本リウマチ学会
資格名 リウマチ専門医
資格要件
  • 申請時において引き続き5年以上学会の会員であること。
  • 日本リウマチ学会が認定した教育施設等において、通算5年以上のリウマチ学の臨床研修を行ったこと。
  • 日本リウマチ学会専門医資格維持施行細則による研修単位を30単位以上取得していること
  • 基本領域学会の認定医或いは専門医の資格を有すること(当科では日本内科学会)資格認定試験合格。
  • 資格認定試験合格。

コースの流れ

図:腎臓膠原病内科専門医養成コースの流れ