アカデミック循環器専門医コース

マーク:TASプログラム

本コースは、循環器専門医を養成するとともに、学位(博士(医学))の取得をもめざす6年間のコースを基本とする。全員大学院に入学し、一般臨床と平行して臨床研究を行うことにより、高度なリサーチマインドを持った臨床医の養成を目標とする。秋田大学および県内連携病院における研修および研究の他に、東京医科歯科大学循環器内科に、3ヶ月ないし1年間出向し、第一線の医療と研究について学ぶコースを設定した。(1)高血圧・生活習慣病・循環器一般診療や、(2)経胸壁および経食道心エコー検査、(2)運動負荷心電図、心筋シンチグラフィー、(3)心臓カテーテル検査および治療、(4)電気生理学的検査およびカテーテルアブレーション、(5)地域型循環器診療重点などを、個々のニーズにより学ぶことができる。卒後3-4年目に内科認定医、6-7年目に内科専門医、循環器専門医、超音波専門医などが取得できる。さらに大学院(社会人枠を含む)に入学し、最先端医療の診療・研究を行い学位(博士(医学))を取得する。

コースの概要

アカデミック循環器専門医コース

大学病院・医療機関名 診療科 専門分野 指導者数 目的 養成人数 期間
秋田大学医学部附属病院 第二内科 循環器内科 10 循環器疾患全般の研修・心エコー研修・心臓カテーテル研修・総合内科専門医研修 5 3年
秋田県成人病医療センター 循環器科 循環器内科 5 心臓カテーテル、インターベンション研修、カテーテルアブレーション研修 1 2年
秋田組合総合病院 循環器科 循環器内科 5 循環器内科研修・心臓カテーテル研修、心エコー研修、総合内科専門医研修 1 2年
市立秋田総合病院 循環器科 循環器内科 4 循環器研修・心エコー研修・心臓カテーテル研修、総合内科専門医研修 1 2年
秋田赤十字病院 循環器科 循環器内科 4 循環器研修・心エコー研修・心臓カテーテル研修、総合内科専門医研修 1 2年
由利組合総合病院 循環器科 循環器内科 4 循環器研修・心エコー研修・心臓カテーテル研修、総合内科専門医研修 1 2年
山本組合総合病院 循環器科 循環器内科 3 循環器研修・心エコー研修・心臓カテーテル研修、総合内科専門医研修 1 1-2年
仙北組合総合病院 循環器科 循環器内科 3 循環器研修・心エコー研修・心臓カテーテル研修、総合内科専門医研修 1 1-2年
本荘第一病院 循環器科 循環器内科 3 循環器研修・心エコー研修・心臓カテーテル研修、総合内科専門医研修 1 1-2年
平鹿総合病院 内科 循環器内科 5 循環器研修・心エコー研修・心臓カテーテル研修、総合内科専門医研修 1 2年
市立大森病院 内科 循環器内科 2 地域型循環器診療研修 1 2年
受入人数 5

コースの実績

秋田大学循環器内科では、循環器専門医8名の指導のもと、新臨床研修制度施行前の6名、施行後の平成18年5名、平成19年度5名、平成20年度3名(計19名:男性14名、女性5名、このうち大学院11名)の専門医研修医が、循環器専門医取得にむけ修練している。本コースでは、外来約100名/日、入院病棟55床、心エコー年3000例、心臓カテーテル検査年間400例、経皮的冠動脈形成術年100例、剖検年8例に加えて関連施設の症例が、個々のニーズに合わせて多数修練できる。

コースの指導状況

大学病院および連携病院の循環器専門医が、一般病棟、CCU、ICU、循環器外来、救急外来における患者診療を介して、病歴・理学所見・基本的治療方針の立て方、病状や検査・治療の説明の仕方・手技など、循環器専門医育成のために、日々きめ細かく指導している。また、専門的には、心エコーチーム、カテーテル治療チーム、不整脈治療チーム、高血圧・生活習慣病・循環器外来診療チーム、大学院指導チームが各方面から指導している。

専門医の取得等

学会等名 日本内科学会
資格名 認定内科医
資格要件
  • 次記のa、bのいずれかに該当する内科研修歴を有し,内科全般の研修を修了した者
    1. 臨床研修2年+本会が認定した教育病院(内科臨床大学院含む)での内科研修1年以上=計3年以上
    2. 臨床研修2年+本会が認定した教育関連病院での内科研修1年以上=計3年以上
  • 資格認定試験合格
日本内科学会認定教育施設 日本内科学会評議員1名、指導医8名
学会等名 日本循環器学会
資格名 循環器専門医
資格要件
  • 日本内科学会認定内科医の資格を有する。
  • 6年以上の臨床研修歴を有する。
  • 6年のうち、3年以上は日本循環器学会指定の研修施設で研修している。
循環器研修施設、日本循環器学会評議員 2名 循環器専門医8名。
学会等名 日本超音波学会
資格名 超音波専門医
資格要件
  • 5年以上継続して本会正会員であること。
  • 本会の指定する超音波専門医研修施設(学会誌35巻1号掲載予定)に於いて、超音波指導医の指導のもとに、「超音波専門医研修カリキュラム」に準じて5年間継続して超音波医学研修(今年度は、「超音波専門医資格取得のための超音波医学研修手帳」に盛り込まれた研修カリキュラム(到達目標、研修ガイドラインに沿った研修を含む))を行っていること。
  • 業績および臨床研修の実績が、以下に定める基準に達していること。
    1. 業績としては、筆頭者として5篇以上の超音波医学に関する学会発表、あるいは学術論文を有すること。
    2. 臨床研修の実績として、指定超音波専門医研修施設に於いて、500例以上の超音波診療経験を有すること。
日本超音波専門医研修施設
学会等名 日本内科学会
資格名 総合内科専門医
資格要件
  • 現在認定内科医と認定されている者で、申請時連続して3年以上の日本内科学会会員歴を有し、次のa, bのいずれかに該当する内科研修歴を有する。
    1. 認定内科医資格取得後、本会が認定した教育病院での内科研修1年以上+本会が認定した教育関連病院での内科研修2年以上=計3年以上(計3年以上のうち、最低でも1年以上は日本内科学会が認定した教育病院での内科研修が必要である)
    2. 認定内科医資格取得後、本会が認定した教育関連病因での内科研修5年以上
  • 資格認定試験合格
日本内科学会認定教育施設 日本内科学会評議員1名、指導医8名
学会等名 日本心血管インターベンション学会
資格名 インターベンション認定医
資格要件
  • 申請時に3年以上継続して本学会会員であること。
  • 本学会が指定する研修施設あるいは研修関連施設で3年以上の
  • 心血管インターベンション治療の研修をしたもの。
  • 本学会が指定する研修施設あるいは研修関連施設で200例以上の心血管インターベンション治療の経験があること。
  • 心血管インターベンションに関する研究業績が2つ以上あること。
  • 所属地方会の本学会評議員1名の推薦があること。

コースの流れ

図:アカデミック循環器専門医コースの流れ