広域アカデミック胸部外科専門医コース

マーク:TASプログラム

胸部外科の研修を中心に行い外科専門医取得を取得するとともに、学位(博士(医学))の取得をもめざす6年間のコースを基本とする。全員大学院に入学し、一般臨床と平行して臨床研究を行うことにより、高度なリサーチマインドを持った臨床医の要請を目標とする。秋田大学および県内連携病院における研修および研究の他に、東京医科歯科大学循環器内科に、3ヶ月ないし1年間出向し、第一線の医療と研究について学ぶコースを設定した。大学院入学後も4年目終了時には各自の専門領域(呼吸器外科、食道外科、乳腺・甲状腺外科)を決め臨床と研究を行う.どの分野を志しても最短で日本外科学会における外科専門医到達目標と認定基準をクリアできるカリキュラムであり、卒後7年以後に外科専門医取得可能となる.また外科専門医および学位(博士(医学))の取得後、呼吸器外科専門医,消化器外科専門医,乳腺専門医の専門医試験申請が可能となる

コースの概要

広域アカデミック胸部外科専門医コース

大学病院・医療機関名 診療科 専門分野 指導者数 目的 養成人数 期間
秋田大学医学部附属病院 第二外科 呼吸器外科・食道外科・乳腺甲状腺外科 11 呼吸器外科・乳腺甲状腺外科・食道外科に関する医療全般の修得.外科専門医研修.呼吸器外科専門医研修.消化器外科専門医研修.乳腺専門医研修 3 6年
秋田組合総合病院 呼吸器外科・外科 呼吸器外科・乳腺甲状腺外科・一般外科 5 呼吸器外科・乳腺甲状腺外科・一般外科に関する医療全般の修得.外科専門医研修.呼吸器外科専門医研修.消化器外科専門医研修.乳腺専門医研修 2 2年
秋田赤十字病院 呼吸器外科・乳腺甲状腺外科 呼吸器外科・乳腺甲状腺外科 3 呼吸器外科・乳腺甲状腺外科に関する医療全般の修得.外科専門医研修.呼吸器外科専門医研修.乳腺専門医研修 2 2年
中通総合病院 呼吸器外科 呼吸器外科 2 呼吸器外科に関する医療全般の修得.外科専門医研修.呼吸器外科専門医研修 1 2年
由利組合総合病院 呼吸器外科・外科 呼吸器外科・一般外科 2 呼吸器外科・一般外科に関する医療全般の修得.外科専門医研修.呼吸器外科専門医研修. 2 2年
仙北組合総合病院 呼吸器外科 呼吸器外科 1 呼吸器外科に関する医療全般の修得.外科専門医研修.呼吸器外科専門医研修. 1 2年
能代山本医師会病院 呼吸器外科 呼吸器外科 2 呼吸器外科に関する医療全般の修得.外科専門医研修.呼吸器外科専門医研修. 1 2年
東京医科歯科大学医学部附属病院 胸部外科
乳線外科
胸部外科
乳線外科
20 呼吸器外科に関する医療全般の修得.外科専門医研修.呼吸器外科専門医研修. 3 3ヶ月または1年
受入人数 3

コースの実績

秋田大学病院では,各専門分野指導医7名の指導のもと平成17年度は1名,平成18年度は3名,平成19年度は1名,平成20年度は5名の専門医研修医が研修している(計10名,このうち大学院生5名).本コースでは当科における呼吸器外科関連手術約130件/年,食道外科関連手術約70件/年,乳腺外科関連手術約60件/年,甲状腺外科関連手術約30件/年に加え,関連施設の多数の症例が修練できる.

コースの指導状況

本コースでは,いずれの専門分野を目指す場合でも一般胸部外科の基本的手術手技・知識を身に付ける事に力を入れており,教室内教育カリキュラムに従い到達度に応じて修練内容の修正を行いつつ各専門領域での臨床研究能力の養成・指導に重点を置いている.またこの期間は臨床医として学会発表・論文作成を行う上で重要な時期でもあり、その業績は専門医申請にも必須であることから、積極的な学会参加や論文発表を促している.

専門医の取得等

学会等名 日本外科学会
資格名 外科専門医
資格要件 修練開始後満4年以上経た段階で予備試験(筆記試験)受験資格を有する.予備試験に合格後、修練開始後満5年以上経て、規定の修練をすべて経験した段階で認定試験(面接試験)受験資格を有する.
  • 認定試験までに、指定施設または関連施設において、別に定める手術経験を有すること(最低手術件数350例,術者として120例,また表に定める各分野ごとの必要手術経験数)。
  • 認定試験までに別に定めた基準に則り、学術集会または学術刊行物に、研究発表または論文発表をしていること(合計20単位必要)。
  • 資格認定試験合格
本コースでは,全員が外科学会認定教育病院で外科研修を行う。
学会等名 日本呼吸器外科学会
資格名 呼吸器外科専門医
資格要件
  • 外科専門医あるいは日本外科学会認定医であること
  • 卒後修練期間 7 年以上を有すること。
  • 認定修練施設において3年以上の修練期間を有すること。
  • 修練期間中に別に定める手術経験を有すること。
  • 呼吸器外科に関して以下の条件を満たしていること。
    論文:3編以上(筆頭論文1編以上を含む)
    学会発表: 全国規模の学術集会において筆頭で5回以上
    学会参加:日本胸部外科学会総会または日本呼吸器外科学会総会に計5回以上参加していること
  • 資格認定試験合格(筆記)
学会等名 日本消化器外科学会
資格名 消化器外科専門医
資格要件
  • 外科専門医あるいは日本外科学会認定医であること
  • 継続3年以上本会会員であること
  • 指定修練施設で,通算5年間以上の修練を行っていること
  • 修練期間中に別に定める手術経験を有すること。
  • 消化器外科に関し以下の条件を満たすこと
    論文:3編以上
    学会発表:6件以上(論文含む)
    学会参加:総会に1回以上および教育集会全6領域に出席
  • 資格認定試験合格。
学会等名 日本乳癌学会
資格名 乳腺認定医,乳腺専門医
資格要件
  • 認定医
    1. 基本的領域診療科の認定医または専門医であること。
    2. 継続4年以上本学会会員であること。
    3. 認定施設で通算2年以上の修練を行っていること。
    4. 40例以上の乳癌症例の診療経験を有すること。
    5. 筆頭者として論文1編または乳癌学会を含む全国学会で発表2件または全国学会1件+地方会2回の発表を行っていること。
  • 専門医
    1. 継続5年以上本学会会員であること。
    2. 認定施設で通算5年以上の修練を行っていること。
    3. 認定施設での100例以上の乳癌診療経験を有すること。
    4. 別に定める研究および研修業績を有すること(30点以上)

コースの流れ

図:広域アカデミック胸部外科専門医コースの流れ