広域アカデミック消化器病専門医コース

マーク:TASプログラム

本コースは、消化器内科専門医を養成するとともに、学位(博士(医学))の取得をもめざす6年間のコースを基本とします。全員大学院に入学し、一般臨床と平行して臨床研究を行うことにより、高度なリサーチマインドを持った臨床医の養成を目標とします。秋田大学および県内連携病院における研修および研究の他に、東京医科歯科大学消化器内科に、3ヶ月ないし1年間出向し、第一線の医療と研究について学ぶコースを設定しました。各種検査・治療手技の習得と代表的な学会(内科学会、消化器病学会、消化器内視鏡学会、肝臓学会など)の認定医・専門医の資格取得を目指すとともに、大学院(社会人枠を含む)に入学し、最先端医療の診療・研究を行い学位(博士(医学))を取得します。当科には経験豊かでかつ熱心な指導医が多数在籍しており、多くの症例を吟味しながら手技を着実に身につけることができます。

コースの概要

広域アカデミック消化器病専門医コース

大学病院・医療機関名 診療科 専門分野 指導者数 目的 養成人数 期間
秋田大学医学部附属病院 第一内科 消化器内科 10 消化器内科全般の習得 2 2年
秋田組合総合病院 消化器内科 消化器内科 6 消化器内科医療全般の習得
消化器内視鏡の習得
2 2年
市立秋田総合病院 消化器内科 消化器内科 6 消化器内科全般の習得
消化器内視鏡の習得
肝臓病学の習得
2 2年
秋田赤十字病院 消化器内科 消化器内科 4 腹部超音波検査と消化器内視鏡検査の習得 2 2年
平鹿総合病院 消化器内科 消化器内科 2 消化器内視鏡検査・治療の習得 2 2年
市立横手病院 消化器科 消化器内科 4 消化器内視鏡検査・治療の習得 2 2年
東京医科歯科大学医学部附属病院 消化器内科 消化器内科 20 消化器内視鏡検査・治療の習得 2 3ヶ月又は1年
島根大学医学部附属病院 消化器内科、
肝臓内科
消化器内科 10 消化器内視鏡検査・治療の習得 2 3ヶ月又は1年
受入人数 2

コースの実績

大学病院では、現在、消化器病専門医5名、消化器内視鏡専門医5名、肝臓専門医3名の指導のもと専門医研修医が研修している。本コースでは、当科における外来約120名/日、入院病床59床、年間検査・治療件数は上部消化管内視鏡検査3200例、下部消化管内視鏡検査1500例、腹部超音波検査3500例、内視鏡的粘膜下層剥離術150例、肝癌ラジオ波焼灼術35例を超え、さらに関連施設の多数の症例で修練できる。

コースの指導状況

診療チームの上級医が、病棟、外来における患者診療を介して、病歴・理学所見・基本的治療方針の立て方、病状や検査・治療の説明の仕方など、消化器専門医育成のため、きめ細かく指導している。さらに、上部消化管内視鏡検査、下部消化管内視鏡検査、腹部超音波検査を習得した後、各診療チームにおいて内視鏡的粘膜下層剥離術、肝癌ラジオ波焼灼術等専門的な検査・治療手技を習得できるよう指導している。

専門医の取得等

学会等名 日本内科学会
資格名 認定内科医
資格要件 日本国の医師免許証を持ち,所定の期間本会が認定した施設で内科臨床研修を行い,認定内科医資格認定試験に合格した者
学会等名 日本内科学会
資格名 総合内科専門医
資格要件 認定内科医の認定を受け,さらに所定の期間本会が認定した施設で内科臨床研修を行い,総合内科専門医資格認定試験に合格した者
学会等名 日本消化器病学会
資格名 消化器専門医
資格要件 日本内科学会認定医を取得し、日本消化器病学会会員歴が継続4年以上を有する医師
学会等名 日本消化器内視鏡学会
資格名 消化器内視鏡専門医
資格要件 日本内科学会認定医を取得し、日本消化器内視鏡学会会員歴が継続5年以上を有する医師
学会等名 日本肝臓学会
資格名 肝臓専門医
資格要件 日本内科学会認定医を取得し、日本肝臓学会会員歴が継続5年以上を有する医師

コースの流れ

図:広域アカデミック消化器病専門医コースの流れ