広域アカデミック病理専門医・細胞診専門医育成コース

マーク:TASプログラム

臨床・研究の第一線で活躍する指導的立場に立つ病理医の育成を目指します。 各科から提出される生検組織、手術材料の切り出し・診断をバランスよく行うことで全身の病理組織の基礎知識を習得することを目的とします。本コースは初期研修終了後から登録可能で、5年間の研修にて病理専門医、細胞診専門医を取得できます。また、社会人大学院生となり4年間の研究活動を通じて学位の取得も可能です。さらに秋田大学および県内連携病院における研修および研究に加えて、東京医科歯科大学病理部に、3ヶ月ないし1年間出向し、首都圏における第一線の医療と研究について学ぶコースを設定しました。本コースの特徴として、「1.病理専門医と細胞診専門医を取得できる。2.ワークライフバランスに沿ったコース選択が可能である。3.特定臓器に片寄らない豊富な症例を経験できる。4.臨床各科とのカンファランスが充実している。5.研修認定施設を含む関連病院を有している。6.テレパソロジ―を含めた関連病院の診断支援を行っている。7.臨床病理学的研究を行える環境が整い、基礎病理学教室と密接に関連しているので学位取得が可能である。8.東京医科歯科大学での医療・研究が可能である。」などがあります。

コースの概要

広域アカデミック病理専門医・細胞診専門医育成コース

大学病院・医療機関名 診療科 専門分野 指導者数 目的 養成人数 期間
秋田大学医学部附属病院 病理部 病理 1 認定病理専門医・
細胞診専門医取得の研修
2 5年
秋田組合総合病院 病理診断科 病理 1 認定病理専門医・
細胞診専門医取得の研修
1 1年
秋田赤十字病院 病理部 病理 1 認定病理専門医・
細胞診専門医取得の研修
1 1年
市立秋田総合病院 病理診断科 病理 1 認定病理専門医・
細胞診専門医取得の研修
1 1年
由利組合総合病院 病理診断科 病理 2 認定病理専門医・
細胞診専門医取得の研修
1 1年
平鹿総合病院 病理診断科 病理 2 認定病理専門医・
細胞診専門医取得の研修
1 1年
山本組合総合病院 病理診断科 病理 1 認定病理専門医・
細胞診専門医取得の研修
1 1年
仙北組合総合病院 病理診断科 病理 1 認定病理専門医・
細胞診専門医取得の研修
1 1年
雄勝中央病院 病理診断科 病理 1 認定病理専門医・
細胞診専門医取得の研修
1 1年
中通総合病院 病理科 病理 1 認定病理専門医・
細胞診専門医取得の研修
1 1年
本荘第一病院 病理科 病理 1 認定病理専門医・
細胞診専門医取得の研修
1 1年
東京医科歯科大学
医学部附属病院
病理部 病理 3 認定病理専門医・
細胞診専門医取得の研修
1 1年
島根大学医学部附属病院 病理部 病理 4 認定病理専門医・
細胞診専門医取得の研修
1 1年
受入人数 2

コースの実績

病理専門医・細胞診専門医である指導医が指導に当たります。 2008年度の大学病院病理部での細胞診断件数は6624件、病理組織診断件数は5307件であり、生検材料の病理組織検査(2849件)と術中迅速診断(563件)が顕著に増加しており、免疫組織検査(508件)も増えており、内容豊富な研修を受けることが出来ます。また、大学病院以外の関連医療施設にて研修を受けることも可能ですので、多くの指導医から多岐に渡る指導が受けられます。

コースの指導状況

病理部で行う診断業務は、一見臨床から離れた地味なイメージがありますが、実は患者さんの治療方針や予後に直接的に関わる臨床的な仕事です。日々のカンファランスや、教科書での勉強が診断能力の向上につながり、自分の成長が実感できます。また、自分の時間を持てるので一つの疾患をじっくり勉強したい人には最適です。指導医が顕微鏡をみながらマンツーマンで指導に当たります。

専門医の取得等

学会等名 日本病理学会
資格名 病理専門医
資格要件
  • 日本の医師免許取得後に日本病理学会が認定する研修施設で5年以上病理学研修を行い所定の研修内容を終了した後、日本病理学会が実施する専門医試験(筆記試験、実技試験)に合格し、日本病理学会専門医制度運営委員会で審議、認定された医師
学会等名 日本臨床細胞学会
資格名 細胞診専門医
資格要件
  • 医師,歯科医師資格取得後5年以上の者。
  • 本法人会員歴3年以上の者。ただし、関連学会認定(注1)の専門医についてはこの限りでない。
  • 本法人および関連学会において,5年間以上にわたり細胞診断学の研修を受けた者。
  • 細胞診断学ならびに細胞病理学に関する論文3編以上をもち,その内1編は筆頭者であること。
    発表論文の中で少なくとも1編は論文査読制の執られている学術誌で発表していること。
  • 本法人活動の顕著な実績および教育委員会の主催するセミナー参加は細胞診専門医委員会の審議を経て論文1編に該当すると見なす。
  • 注1)各関連学会専門医に関しては、本法人会員歴2年以上をもって受験資格を有する.なお対象となる関連学会の専門医については、専門医委員会の内規に定める。
    <細胞診専門医資格の認定>
    細胞診専門医資格認定試験に合格した者。

コースの流れ